今の車の運転と昔の運転は違ってきたように思います。

現在、車の運転をしていますが原付バイクでも運転しています。
原付バイクの場合は、混雑している時には細い道路に入ってたり、一方通行でも原付バイクの場合は両方からの運転がよくなっている場合がよくみられます。
そのため、仕事に行く時や買い物の時はバイクを運転していますが、
ちょうど混雑している時間です。
そのために車や歩行者、自転車などに気を付けてバイクを運転をしているのですが、
バイクは車の運転者から見にくいのでしょうか、バイクを運転している私にぶつかってきたことがあります。
その時、道路も少し余裕があったため車を抜いて前に進もうとしたのですが、
私に気が付かないでぶつかってきたのです。
それほど見にくいところにいたわけでもないのですが、車の運転者はきっと回りを確認しないで運転しているように見え、
かなり怖かったです。
そのほかにも、私がバイクに乗っていたときのことです。
信号が青になっているため、少し急いで運転していたところ、
途中の横道から突然車が出て来てぶつかり、私が軽くはねられたこともあります。
その相手は、若い人ではなくその反対の年寄りです。
少しカーブもあったせいか車、バイク、自転車など道先が分かりにくいところでしたが、
しっかりと見てればぶつかることはなかったはずなのにぶつかってしまった事故です。
きっと年寄りではなかったらそんなことにならなかったのかもしれません。
現在は年寄りが多くなってきたため、運転が怖くなったように思います。
もう1つ、自分が少し遠くに出かける時は必ず車です。
2車線になっている道路を通るのですが、昔と比べて車が増えてると思い、
混雑することが多く、そのせいか年寄りはかなりゆっくりの人もいると思います。
それならば、年寄りには悪いかもしれないと思いますが、事故を少なくするため、高速道路の反対方向での運転などをなくす為、
年寄りの年齢は運転をおしまいにしてほしいと思っています。